ブックメーカー プロ野球の予想をして楽しむ

バッター

ブックメーカーは日本のプロ野球の試合でも利用することができます。シーズン中は毎日のように試合が開催されているので、オッズの発表は当日の試合終了が時間が必要ですが、早ければ数時間後には発表されます。

ブックメーカーで日本のプロ野球が利用できるサイトはいくつかあるので、支払い方法も含めて利用できる内容をよく確認して登録することが大事です。オッズを確認して高いものに投資することが大切です。サイトによってはマルチベットが利用できる場合もあるので、高配当を狙うのであればコンテンツの内容の把握も十分に行うことが必要です。

投資の対象とする場合には賭ける試合にはクールな判断が必要で、個人的に応援しているチームがあるからといって、私情を挟むと負債を負う可能性が高くなります。高配当を得るためには分析が必要で、最近の試合からチームの状態をよく把握したうえで対応することが大事です。配当は主にチームの勝敗で分けられる物が多く、首位と最下位のチームの順位だけで判断すると危険な場合もあるので、あくまでも当日の勝敗に焦点を絞ることが必要です。

ブックメーカーに登録しておくと、日本のプロ野球のチームを応援しながら登録することも可能になります。投資することでチームへの応援にも熱が入り、見ている面白さが増すことにもつながります。投資と考えると好きなチームにばかりかけるわけにはいかなくなりますが、観戦する楽しさは倍増します。投資できる予算を十分に用意して、勝てる試合を見極めていく観察力を養いながら、長期的な視野で進めていくことも重要です。各チームの熱狂的なファンもたくさんいますが、投資として取り組むには様々な久土からの観察も必要になります。

球場

盗塁阻止率!キャッチャーのリードが勝負の行方を左右する

キャッチャーの采配

豪快なホームランや驚愕のスピードボールなど、プロ野球にはたくさんの見どころがあります。その中で魅力的なプレイの1つとして注目したいのが、キャッチャーのリードです。ピッチャーが投げるボールを受けたり、守備の陣形を指示したりなどキャッチャーはプレイしている選手の中では中心的な役割を担っています。また、ピッチャーが投げるボールの球種のサインを毎回出していることから、常に考えながらプレイする必要があります。上手にリードすることができればチームは勝利に近づけるため、経験豊富なベテランが多いポジションです。

例えば、巧みなリードで投球を組み立てれば、盗塁阻止率がアップします。盗塁はヒットや四死球以外で2塁や3塁へ進塁できますし、犠打や犠牲フライのようにアウトカウントが増えないため、非常に効果的な攻撃手段です。ただ失敗してしまうとアウトカウントが増え、攻撃側はチャンスが減ることから、守備側は有利な展開となります。盗塁阻止率はキャッチャーの肩の強さが影響するので、プロ野球の各チームでポジションを担当している選手は強肩ですし、正確なコントロールを持ち合わせています。

走塁阻止

しかし、いくら強肩で正確なコントロールだったとしても、リードの内容によっては盗塁阻止率が低くなってしまい、攻撃側のチャンスを増やしてしまう場合があります。盗塁阻止率を上げるためには、仕掛けてくる状況を的確に予想することが大事です。そのためには、対戦するチームを徹底的に分析しなければなりませんし、リードの勉強も必要です。盗塁阻止率が高いということはリードが上手で展開を予想する力がある選手だとわかりますから、興味のあるキャッチャーの数字を調べてみましょう。